3月10日

つらいことはそれなりにあったけど
あたしはそれまで普通に生きていた
泣き虫で、子供で、不器用で、
わがままで、でもカタくて真面目すぎるところもあって、
普通に恋愛して、普通に友達と遊んで、
思春期特有の反抗ばっかり
しまくってた

あたしは普通の花だった

でもいつのまにか花の目の前に
高層ビルが建ってしまった
いつのまにか、
本当に気がつかないまま
その花は陽の当たらない陰に追いやられて、
でも気づかなかった自分を責め続けた
元気がなくなった花の存在に
気づいてくれる人はいなかったから。
気づいた人には踏みつけられたから。
ずっとずっと一人だった

それから何ヶ月か経って
枯れかけていた頃に
以前は力を貸してくれなかった人が
気持ちを切り替えて支えになってくれた
でも私一人じゃできないから、と
もう一人、人を連れて来てくれた
その人がカウンセラーの人だった。

その人たちは2人でその花を掘り起こして
陽の当たる場所まで連れていってくれた。
だけどなかなか空は晴れずに、
曇ってばかりだった。

「私は立ち直るのを手助けするだけで後はあなた自身の問題です」
初めて言われた時ショックだった
言ってることは理解できるけど
その時のあたしには酷過ぎた
優しくしてくれた人だったからこそ
あたしの気持ちを理解してくれた人だったからこそ
酷だった
見放された気がした

それから何度頑張ろうとしても
天は協力してくれなかった
曇りの次は大雨、雨の次は嵐、
晴れたと思ったらすぐに雨が降り
向かい風ばかり訪れた
それから何ヶ月も経って
何度も何度も枯れかけて
でもやがて花を大雨から守ってくれる人ができた
嵐の日には一晩中傍にいてくれる人もいた
晴れた日には水をやってくれる人がいた
花にしゃべりかけてくれる人もいた
不安はいっぱいいっぱいあったけど
それ以上にいっぱいいっぱい
力をもらった花は
少しずつ、少しずつだけど
またつぼみを開きだした

決して向かい風がなくなったわけじゃない
追い風はまだ少ない
でもこの花は生き続けることを決めた


「私は立ち直るのを手助けするだけで後はあなた自身の問題です」
今ならこの言葉の意味が
何となくだけどわかる気がする
人は一人では生きていけない
花は水と光がないと生きていけない
だから誰かに助けてもらって、支えてもらって
生きていく
だけど人は、周りの人の力だけでも生きていけない
自分の気持ちがしっかりしていなきゃ
自分の気持ちがあってこその
”生きる”だと思うんだ

「りなは頑張った、成長した」
あたしは頑張ったよ
成長できたのなら、嬉しい。
でもあたしが頑張れたのは、あなたがいたからです
あたしが成長できたのなら、
みんながいたからです
あたし一人では、今のあたしはいなかった
性格が合った人も、合わなかった人も、
あたしと出会ってくれた全ての人が
今のあたしを創ってくれた

ありがとう、ありがとう、ありがとう。

何度ありがとうを言っても足りないから
あたしは頑張って生きるよ
感謝の分だけ生き続けるんだ
どれだけボロボロになっても
精一杯生き続けるんだ
きっとまた嵐がいっぱい来るけど
その時は早く立ち直れるかわかんないけど
どれだけ時間がかかっても
またきれいな花を咲かせるんだ

生きるってすごく大変で
すごく勇気のいることだと思う
「死にたいと思うような生き方はしたくない」
本当はこれが目標だけど
それって本当は簡単なようで難しい気がするんだ
でもその時はその時でいいじゃない
命を絶ちたいと感じてしまったら
また生きたいと思えるところまで達するその力が、気持ちが、
大切なんじゃないのかな
未だに”強さ”とか”強い”とか
よくわかんないけど
何度どん底に落ちても
今を生きていられる、
強いってそういうことなのかなって
感じてる。
あたしはどれだけどん底に落ちても、
また楽しく生きれる日が来るって
信じてる。

「りな」の「ナ」は、
「菜の花」の「菜」。
小さい花でいいんだ
ひまわりのように目立たなくてもいいんだ
自分を持って生きていくんだ。
みんなありがとう。
今の今まで生きていてよかった
18回目の誕生日を迎えられてよかった。
2007年3月10日、18歳になりました。

テーマ : アトピー性皮膚炎
ジャンル : 心と身体

旅のこころ

こんにちは!突然なんですが・・・

続きを読む

受け入れて闘って

わかってるよ
つらいのは自分だけじゃないって
しんどいのは自分だけじゃないって
みんなが協力してくれてることだって。

でも、誰が一番つらいとかそういう問題じゃないってわかってるけど、
あたしだって好きで協力してもらってるんじゃないよ
みんながつらくても
結局かゆいのはあたしだけなんだよ

あたしの努力が足りないのはわかってるよ
いいわけばっかりもしてる。
毎朝毎晩きちんと顔洗って、毎朝起きて毎晩寝る生活をきちんと送ってないあたしが悪い。
でもね、食事制限とか夜更かしに気遣ったり人に気遣ったり
もうキモチだけでいっぱいいっぱいだよ
感謝してるよ・・・感謝してる
でも感謝の気持ちを表す余裕がない。
感謝はしてるけど、そんなに恩を感じなきゃだめ?
わかってるけど、ありがたいけど、
・・・・・・
だって好きでこうなったんじゃないんだもん
愚痴も言っちゃだめなの?言い訳もだめなの?

こんなにこんなにかゆいのに

こうしてる間もあふれる涙で顔がかゆい
きっとこれを打ち終わったら手が自由になってまたかいちゃうよ

早く終わってほしい
こんな生活
それが本音

こんなにこんなにかゆいのに今日もかゆくて疲れて顔を洗わずにベッドのなか。
今朝洗ったからって、本当は夜も洗わなきゃいけないのに。
これがあたしのだめなところ。
自分に甘いんだって。
・・・とかいいつつ
本当は薬だらけの顔なんて洗う気がしないだけ。
油汚れがついた洗いにくいお皿みたい。
でもね、そうやって洗おうか、でもやる気がでないってうじうじ考えて
徹夜したら欝になるから、そうなるくらいなら寝た方がいいってわかったから。
はぁ。
あたしは結局『でも』ばっかり。
言い訳ばっかり。
・・・・・・でも、でも、でも、・・・やだよ
何であたしだけアトピーなの?
そんなこといったってどうにもならないことわかってるんだけど
わかってるから考えないようにしてたし言わないようにしてたし言いたくなかったし
でもやっぱりときどき思っちゃうよ
そんなこといったってあたしはアトピーで、
それを受け入れてそれと闘わなきゃいけないし、
何よりあたしがそうしたいし、そうしてるつもりなんだけど・・・・

一日くらい洗わなくても、大丈夫な顔になりたいっていうのは、わがまま?
洗わないで寝た時に、翌朝自分の顔がどうなってるのか
心配する必要がなくなる皮膚になりたいっていうのは、わがまま?
そんなに心配なら、洗って寝ればいいじゃん、ってね。
Message of HEART
HEART
THANKS for coming!!

letters of HEART
profile

Rena(りな)

Author:Rena(りな)


りなのCafe・ふついちに
いらっしゃいませ。
どうぞおくつろぎくださいまし。

もや子の日常
アトピの日常
想ったこと、感じたこと、話したいこと…
ありのままを、恥ずかしいけれど
照れ臭いけれど、綴っていくんだ。
私がつづってゆくことで、誰かの役にたてたり、誰かの心になにか響かせることができたらいいな。
そして、まだまだ子供なあたしが、一緒に成長できていけたらいいな。
いろんな人に出会って・・・。

マイナス思考。ぐちも吐く。弱音も吐く。
言い訳もする。
考え事ばっかりしてるのに
成果が出なかった。
力のコントロールが
じょうずに出来なかった。
要領が悪い。不器用なんだ。
一日という短くて長い時間を
生き抜くだけで精一杯だったよ。
大きな変化はないけれど
きっと徐々に進化しているのだ。
だから、そのまま。
自分らしく、あたしらしく。生きる。
それが結構むずかしいのだけれど。
いま、じぶんが、できることをする。
楽しく生きる。
今を楽しく生きなきゃ
未来もきっと楽しくない!
時には人に頼って、
支えてもらって、
背中を押してもらって。
希望がみえるトコロまで走り続け、
近い未来も遠い未来も信じて。
自分を信じてくれる人を信じて。
人に信じてもらえる自分を信じて。

無理しない。
あきらめない。
頑張り過ぎない。
ふつうでいい。
文句言う前に薬飲みぃ。
とりあえず死ぬな。
何があっても
生きることだけはやめるな。
時に強くなれ。
時に弱くなれ。
それがきっと人間。
それがありのままの
あたし。

息ぎれ?がんばった証拠じゃないか。
でも頑張らなくていい。
「前を向く」だけでいいじゃないか。
いつか一瞬のうちに消えてしまうしゃぼん玉すら、キレイで美しい。
長い年月をかけて積み上げた積み木の塔は、どれかが欠けては成らない。
矛盾は許せなかったのに
矛盾だらけの人生だ。
もやもやもやもや
ぐだぐだぐだぐだ
落ちるとこまでとことん落ちれ!
落ちたらあとは、あがるだけだ。
しゃがんだあとは、ジャンプだ!

そんなりなを応援してくれている人、
ありがとう。
「感」と「心」と「気」をもって接してくれる人、
ありがとう。
毎日遊びに来てくれている人、
ありがとう。
言葉をくれる人、ありがとう。
いつも見守ってくださってありがとう。
わたしをやさしく見守ってくれる
あなたを、おんなじきもちで
見守っていたい。
その1つ1つの言葉が、モーションが、気持ちが、嬉しい。
出会ってくれた全ての人に、
ありがとう。
愛。気持ち。感謝。、伝えたいよ。
出会いは大切。
フィーリング。ハート。
相手の気持ちを大切にしよう。自分の気持ちも大切にしよう。

私は言葉のチカラを信じている。
ときに折れそうになったこれまでも、これからも。
伝えることを続けたい。
聴くことをやめたくない。
忘れたくない。
伝えるということを。
こころをもってつなげれば、
伝わるんだということを。
広くて狭い世界の中で
この狭くて広いネットの1ページを、
わたしは、信じてる。
だからわたしはここにいて、
発信しつづけるんだ。

ぽわ~ん ぽわ~ん
ぽわわわわわわ~ん

受け入れてくれてありがとう。
大きな愛で包んでくれてありがとう。
どっかん愛してる。
今日も明日もあさっても、ずっとずっとあいしてる。

「自分らしさ」なんてむずかしく考えないで、
そのままで、わたしらしく、生きていけばいい。
間違えても、またスタート地点につけばいい。戻ればいい。
捨ててしまったなら拾えばいい。
見つかるまで探せばいい。
暗中模索も無駄じゃない。
すべてなくなっても、自分がいる限り、人生は終わらない。
むしろすべてなくなったほうが、純粋でまっさらできれいってこと、知ってた?
嬉しさも悲しみも無限の人生は、果てしなく
どこまでも続いているのならば、わたしは
「行けるとこ」まで、なんて決めずに、
どこまでも行きたい。生きてみたいのだ。
どこまでだって行ける。何者にでもなれる!

信じなくっちゃ、立ち上がらなくっちゃ、始まらない!
外に出たら、上を見上げてみてください。
そこには空がある。光がある。
だから私は、今日も、生きている。




コメント・メール・拍手・リンクは本当に嬉しいのです。お気軽にどうぞ、お待ちしています。

ブロとも申請フォーム

Renaとブロともになる☆

union

笑顔が大好き!

cafe menu
hearty cafe
waku-waku-heart
monthly archives