未完のえ

ずっと書きたかったこと

20100127185409


未完の美ってあるとしても
きっとこれはちがうとおもう







とうとう描き終わらなかった
描き足せなかった


2008

bed

きのうテストだったのに

がっこういけなかった いかなかった いきたくなくて いけなくて 寝て おきたら 13時とか14時で あぁやっぱ休んじゃったなって 今更ながら後悔と言うか現実感と言うか 事の重大さに気づく

前にもこんなことがあった 去年の11月

学校を二週に渡って休んだ

テスト 来月にも受けられるけれど
その代わり手続きとか 合格点上がるとか きのう解かれるはずだったテストの呪縛が まだまだ続く




ねぇねぇ はやくあとぴぃなおらいかなぁ
ナチュラルメイクでいいから
眉毛かきたい きんぱにしたりパーマかけたり
ボブにしたりストレートにしたり くるっくるにしたり
重めばんぐにしたり いろいろしたいな
お洋服やさんか靴やさんでアルバイトして
週末はおしゃれなバーで働きたいな

映画館アルバイトもしたい
コンビニや居酒屋でお疲れのみなさんを
元気付けられる店員さんにもなりたい

友達と 夜遅くまで遊びたい
DVD借りまくって一日中見ていたい
おかしパーティーやなべパーティーしたい
いっぱい稼いで一人旅いっぱいしたい
クラスの皆で集まりたい
仲良かったクラスの男子女子皆でディズニーランド行きたい。
まだまだ遊びたいけど結婚してみたい。新たな生命を感じたい。
花屋さんで
花束をコーディネートしてお客さんの喜ぶカオがみたい。
イタリアン料理屋さんで
ランチタイムが終わったあとに
まかないを皆で食べたい。
本屋さんで働いていち早く雑誌をチェックできて
割引で安く買えたりして、先輩におすすめの本を教えてもらいたい。













恋がしたい





























ゆきのふるさむい日
ただぎゅっと ただ ぎゅっとだきしめてほしい。
くるまじゃなくて、いっしょに歩いて帰りたい。
帰りたい。帰りたい。
きみがいとしくてたまらないってカオを見せてほしい。
ただ、それだけでいい。



わたしの存在を感じられれば 必要としてくれるひとが









なにもいらない。
ただ、おふとんの中でねむれるまでいっしょにいてほしい
朝までぎゅっと抱いていても
あんしんできるそんなぬくもりがほしい。














そしたら朝はトーストとスクランブルエッグ
おこめとなっとうどっちがいいかな
あさごはんの香りでしあわせな気持ちをあげたい




















じゅうぶん愛はあるのに

お金じゃない時間じゃないバイトもやりがいも趣味も友達もおいしいごはんも夜景も

あなたのアイだけがほしい。













望めば望むほど 願えば願うほど
希望はいっぱい在るのに
それと同時に
どうしてからっぽな気もちになるのだろう












むなしい気もちのりゆうは いつだって
自分の中にある







ディアマイフレンド

こわいことは
流されること

地球が滅びる明日、今日が最後の日、そう考えてもいい。
自分がどうしたいか、
見栄もつよがりも意地もプライドも他人の目も
ぜんぶぜんぶ捨てて、
ぜんぶぜんぶぜんぶ放って、
自分をみろ、自分だけをみつめろ。
座って、姿勢を正して、目を瞑って、深呼吸して、リラックスして、
考えるが、考えすぎるな。
自分を信じろ。自分の想う道を開け、歩け。

自分がどうしたいか、自分が本当にどうしたいか。何がしたいか。裸になってかんがえるんだ。想うんだ。想い描け。心から念じろ。叶うと思わなければ、叶うものも叶わない。
自分の真意と、向き合え!

目と耳もつながっている

ずっと
つながっていたい

手をつないで
だきしめて

目をみつめて
目を附せて

瞳のずっとずっと奥を見つめたら
あなたのこころの奥じゃなくて
あなたのひとみに映る わたしが見えるだけだったよ



あなたの目には何が
映ってる?












やっぱりフィルムがいい



抱きしめて
ぎゅっと 抱き締めて
離さないってアイを感じさせてくれるまで


「キスより抱きしめて いきなりやめないで」なんて
オンナノコの矛盾もわがままも
今ならわかるよ












目をぎゅっとしたら
目尻にめちゃくちゃ皺が寄って
瞼とこめかみらへんとモミアゲと耳の中が痛いよ

明日はテストだ。

あ 飲み忘れた と思い出したら
結局こわくなって飲みにいってしまう
これが 依存症 ?
薬自体には依存していないと思ふ
眠るためのなにかがヒツヨウ
こころの依り処。



何て言われたかは忘れたけれど
やればできる子やから みたいな
やらんなんときやれる みたいな
そう りなはいざというときやれる みたいなことを
年下の私よりしっかりしてるような子に言われた

友人にも りなはできる子やと言われた

うれしいけれど、時と場合によってはプレッシャーになる
そう例えば自信よりもネガティブさが勝るときとか
あれとかあの場合とか、まさに時と場合によるのだ。

生きる意思が危ういながらも生きてきたし
言われてみると自分でもやらんなんときはやれるのかなと思う。
本番に弱いし、誰もいないときのほうが
本領発揮できるタイプなんだけど
そういうことじゃなくて
たぶん 追い込まれた方が力が発揮できる
火事場の馬鹿力と言えばみんなに有ると思うけれど
その火事場の馬鹿力と普段力の差がすごいあるというか
つまりじゃあ普段どんだけ怠けてんだ甘えてんだって感じですが

で なんか やばいと思えば思うほど違うことをする。
明日テストなのに日記を書いている。夏もそうだった。
で、やばいといいながらも今までギリギリで切り抜けてきたし
今回も大丈夫かもしれないという
自信ではなく甘えがどこかにあるんだと思う。
もうぜんぶやめちゃおうかなと思うんだけど、
そうして受からなかったとき、期待に応えられず
がっかりされるのがこわい プレッシャーだ
でもほんとにそうなのかっつったら
テストに落ちて一番困るのはあたしだ。
現実的な時間と言う意味でも、肩身がせまいという意味でも、
それはもういろいろな面で。
で、そうわかってもベンキョーが手につかないあたしって、
どれだけ甘えんぼなのかと。
そして、去年の夏も もやになっていた。
テストごときでいつのまにか見えないプレッシャーに
押し潰されて、好きなことも何も手につかなくなっていた。
で いつも もやになると映画を観たくなる。本を読みたくなる。
絵を描きたくなる。

たぶん周りはあたしが思うほどがっかりはしない。
あたしの被害妄想なのだ。
がっかりされないとは、元々期待されてないこともあるが、
そういうことでがっかりするひとたちはいないと信じたい。

ギリギリでいつも生きていたいからって
カッコイイ歌詞だと思ってたけれど
あたしもある意味いつもギリギリだなと。かっこわる(笑)
精神的に、金銭的に(笑)
あの歌はこう、ジャッキーチェンみたいなギリギリさだよね。
主観だが。(笑)
明日はテスト。
落ちたら卒業できまへん。
かっこよくゆうと卒業試験だね。
でもそんなかっこいいもんじゃないから友達には言えない。

どぅはぁ

ふたりで

恋なんかやめられると思っていた

続きを読む

それでも夢を持ち続けたい

あきらめないこと。

そして、自分がどうしたいか。

見栄も強がりも他人もぜんぶ捨てて
まっさらになって感じて。

理想

ありがとう。
ありがとう。
心配してたよって何度も言われて
何て答えればよかったのかな。
心配かけてごめんね
じゃなくて
心配してくれてありがとう
だったのかな
でもなんかおこがましい気がして照れ臭くて


どうしたらみんなに恩返しできるかな。
どうしたらもっと思いやることができるかな。
もっと厳しくしなきゃね。
でも厳しく厳しくした最果てで、いつも他人を責めてしまう。
厳しくさせたのはあなただと。
どうやったら無意識に人を想いやれるかな!
利己的の対義語ってなにかな。
あぁ。損得勘定やめたい。人からの評価で動くのもやめたい。

わたしってステキ?
おごりすぎだよ。。
癒し系とかじゃないし。神経質で頑固だし。
ちゃんとしてそうじゃないし。ぶれやすいし。
部屋きったないし。
尊敬されるような器じゃないし。貯金ないよ。
しっかりしてないし。甘えんぼでおちゃらけてるし。
ぽやーんとしててほんとは計算高いよ。
で、家事とか勉強とかできそうで頭わるくて要領わるいよ。
かわいいキャラじゃなくてお笑いキャラなんだよほんとは。
で、柔軟性があるように見えて理想が高くて堅い私。
期待に添えなくてがっかりしてるよみんな!

理想をぶつけられて大変だぁアイドルさんは。
でもほんとに好きだったらそんくらいでがっかりしないよねぇ。
中高時代、わたしに好意を寄せてくれていたひとは
今の私の精神状態と顔を見ても、それでも好きって
いってくれるのかなって
アトピーになってから思っているよずっと

おじいちゃん、

自分がどうしたいかわからなくなってきた
私は甘やかされすぎたのかなとか
こんな風に育てられたらもっとしっかりしたかなとか
全部ひとのせいにしている
周りのひとが、私を責めないでいてくれて、
自分たちのせいにしてくれた。
だからこういう気持ちになってしまった。
きっとこれも人のせいにしている。
みんなやさしかった
みんな、私をまもってくれていたんだ
自分が思っていたよりずっと、周りのひとは
我慢していたんだな、尽くしてくれていたんだな
わたしよりずっと大人なんだな

芯がない ぶれやすい
曖昧 目的が明確じゃない
人のせいにしてばかり 人任せ
どうして人に訊くの?まずは自分で決めなきゃ
おまえには無理 全部人にやってもらってばかり
自分のことしかしていない
自分で自分のこともできない
本音で向き合っていけばいくほど たくさん
本当のことを言われた。自分では本当のことかどうか
認識できないくらい、ショッキングな言葉たちだった。
悲しい話をしていないのに、どうして涙が出るのかな
すぐ泣くことも言われた。泣くことは自由だと思っていた。
そういう返しも生意気だと思った。
誰のために生きているんだろう。
わたしはなにをしたいんだろう。
強がらなくていい 見栄を張らなくていいとわかったけれど
強くなりたい こころがかっこよくなりたい。
自分で 決められない。
後悔するのがこわいから?
自分で決めたら人のせいにできないから?
傷つくのがこわいから?自分の考えを
責められたり否定されるのがこわいから?
孤独は耐えられるけれど見放されるのはきつい
応援してほしいひとに応援してもらえないのはつらい
じゃあ応援してもらうために、自分の気持ちを変えるの?

おじいちゃんが死んで4年経つのに、最近やっと
本当におじいちゃんは死んだんだと感じた。
もうかえってこない、この世にいない、会えないのだと。
おじいちゃんの死を知ったのは寝ているときだった。
また起きれずもやで富山の病院に行けず、
薬を取りに行ったママからの電話で知った。
しぇるたに潜っていた私は、おじいちゃんが死と生の間を
さまよっていたときも何もしていなくて、情けなかった。
私が何もしなかった今日が、あの人が生きたかった明日なのだ。
何もしてあげられなかったことを後悔した。
電話しながら携帯電話の画面についた涙の跡を
消したらおじいちゃんが死んだことを忘れそうで、
消せなかった。
葬式で、普段泣かないパパと姉が泣いていてびっくりした。
姉が泣いているのを見て、私も泣かなきゃいけないと思った。
その時は言葉にして思っていないが、今思うと、
ろくにお見舞いも行かず、外にも出ないし、
おじいちゃんが生きていたこと、死んだことも実感できず、
多分いろいろ面倒くさいと思っていた。
慈しむべき気持ちは理解できたものの、
自分のことしか考えていなかったと思う。
もやこはそうなのかもしれないし、もやこを
責めるべきではないのかもしれないが、今となっては
その当時のもやこの気持ちもわからず、
どっちつかずの私である。
当時から、甘やかすのと、もやこを休ませる。
この境目が難しかった。
しかし、祖父の死を理解できない、慈しめないのも
病気のうちに入れていいのだろうか。
ただ、子供すぎたんじゃないだろうか。

死んだおじいちゃんにできなかったことをしようと、
罪滅ぼしのような気持ちで今のおばあちゃんやおじいちゃんに
会ってきた。でも今は以前よりそんな気持ちは減ったと思う。

何度消えたいと思っても、最後には生き抜けばいいと思っていた。
だけど、こんなにすべて終わってしまえばいいのにと、
不定期に思う不安定さがあっていいのだろうか。
もう全部やめちゃいたい。それは潔さでも開き直りでもなく、
ただ現実逃避しているだけ。
わたしは何をやっていたんだろう。
自分を信じて突き進めばいいけれど、それは
経験も強さも芯もあるひとだけだったのかな。
自分で自分のことができるひとだけの特権だったのかな。
自分で自分が正しいと思っていたことの愚かさを知る。
自分の考えを貫き通すことと、自分のことだけ考えることは違う
わたし、何にも変わっていなかった。むしろひどくなっている。
みんな甘えてきた私に、何も言わないでいてくれたんだね。
自分でできないよ。しなくちゃいけないよ。
おじいちゃんと話したいよ。
いやなことがあったら、逃げてもいい?
戻ってくるから、今だけいやっていっていい?
全然つよくなれていなかったよ。
自分の気持ちや考えを通せないのはなぜ?
失敗するのがこわいから?ぶれやすいから?
失敗しても、自分が納得いくまでやればいい?
でも、人の意見を聞いた方がいい?
反対されることが多かったら、やめたほうがいいって思うよね。
それは失敗がこわいからとかどうとかではなく、
昔からそうやってきたんだもの。
それもまわりのせいにしてる?
じゃあもう誰の意見もきかない。
きくかきかないかどっちかしかできない。
極端にしかできない。
同時に2つのことできない。
自分で責任持てない。人のせいばかり。

どうしてこんなんになっちゃったんだろう。
目的がないよりマシだろってすぐ人と比べる
私どうしてこんなんなのかな。
私だけおかしいのかな。
どうすれば変わるかな。根本は変わんないよね。
甘えてるね。
だって、できることならずっとここにいたいって思う。
だめだってわかりながらずっと甘えて暮らす。何言われても。
でもそれじゃだめだから、だめだから、外に出るの。
ここじゃないどこかに行くの。だけど、
もうぜんぶ、やめたくなる。
はたからみたら楽なことしかしていないのに、
どうしてこんなに縛られた気持ちになるのかな。
どうして窮屈で追われている気持ちになるのかな。
どこへいったら変われるかな。
どこにいっても変わらないかな。

あけおめ2010

20100102132704
あけましておめでとうございます!

おばあちゃんちでおせちとお雑煮食べました。
制限が多かった去年と比べて、おもちも魚も食べたよ!
セールに行ってきました。7月よりさらに
二時間くらい早く終わりました。
決められるようになって、変に惜しくなったりもせず、
買う数も少なくなりました。
逆に言うと、去年や一昨年やその前って、
ほんとビョーキだったんだなって再痛感です。
ママと待ち合わせしてランチ。
去年食べれないメニューのためやめたお店で、
食べれなかったミニハンバーグ三種セットを頼んでいる
自分がいました。ごちそうさま。
今日は今から家族で初詣です。

ここにきて学校卒業が危うくなってきた・・・
昨日呆然としてしまったんですが、調べたところ
大丈夫そうでした!
1月6日〆切のレポートに今日から追われます(゜□゜)

今年もよろしくお願い致します!
Message of HEART
HEART
THANKS for coming!!

letters of HEART
profile

Rena(りな)

Author:Rena(りな)


りなのCafe・ふついちに
いらっしゃいませ。
どうぞおくつろぎくださいまし。

もや子の日常
アトピの日常
想ったこと、感じたこと、話したいこと…
ありのままを、恥ずかしいけれど
照れ臭いけれど、綴っていくんだ。
私がつづってゆくことで、誰かの役にたてたり、誰かの心になにか響かせることができたらいいな。
そして、まだまだ子供なあたしが、一緒に成長できていけたらいいな。
いろんな人に出会って・・・。

マイナス思考。ぐちも吐く。弱音も吐く。
言い訳もする。
考え事ばっかりしてるのに
成果が出なかった。
力のコントロールが
じょうずに出来なかった。
要領が悪い。不器用なんだ。
一日という短くて長い時間を
生き抜くだけで精一杯だったよ。
大きな変化はないけれど
きっと徐々に進化しているのだ。
だから、そのまま。
自分らしく、あたしらしく。生きる。
それが結構むずかしいのだけれど。
いま、じぶんが、できることをする。
楽しく生きる。
今を楽しく生きなきゃ
未来もきっと楽しくない!
時には人に頼って、
支えてもらって、
背中を押してもらって。
希望がみえるトコロまで走り続け、
近い未来も遠い未来も信じて。
自分を信じてくれる人を信じて。
人に信じてもらえる自分を信じて。

無理しない。
あきらめない。
頑張り過ぎない。
ふつうでいい。
文句言う前に薬飲みぃ。
とりあえず死ぬな。
何があっても
生きることだけはやめるな。
時に強くなれ。
時に弱くなれ。
それがきっと人間。
それがありのままの
あたし。

息ぎれ?がんばった証拠じゃないか。
でも頑張らなくていい。
「前を向く」だけでいいじゃないか。
いつか一瞬のうちに消えてしまうしゃぼん玉すら、キレイで美しい。
長い年月をかけて積み上げた積み木の塔は、どれかが欠けては成らない。
矛盾は許せなかったのに
矛盾だらけの人生だ。
もやもやもやもや
ぐだぐだぐだぐだ
落ちるとこまでとことん落ちれ!
落ちたらあとは、あがるだけだ。
しゃがんだあとは、ジャンプだ!

そんなりなを応援してくれている人、
ありがとう。
「感」と「心」と「気」をもって接してくれる人、
ありがとう。
毎日遊びに来てくれている人、
ありがとう。
言葉をくれる人、ありがとう。
いつも見守ってくださってありがとう。
わたしをやさしく見守ってくれる
あなたを、おんなじきもちで
見守っていたい。
その1つ1つの言葉が、モーションが、気持ちが、嬉しい。
出会ってくれた全ての人に、
ありがとう。
愛。気持ち。感謝。、伝えたいよ。
出会いは大切。
フィーリング。ハート。
相手の気持ちを大切にしよう。自分の気持ちも大切にしよう。

私は言葉のチカラを信じている。
ときに折れそうになったこれまでも、これからも。
伝えることを続けたい。
聴くことをやめたくない。
忘れたくない。
伝えるということを。
こころをもってつなげれば、
伝わるんだということを。
広くて狭い世界の中で
この狭くて広いネットの1ページを、
わたしは、信じてる。
だからわたしはここにいて、
発信しつづけるんだ。

ぽわ~ん ぽわ~ん
ぽわわわわわわ~ん

受け入れてくれてありがとう。
大きな愛で包んでくれてありがとう。
どっかん愛してる。
今日も明日もあさっても、ずっとずっとあいしてる。

「自分らしさ」なんてむずかしく考えないで、
そのままで、わたしらしく、生きていけばいい。
間違えても、またスタート地点につけばいい。戻ればいい。
捨ててしまったなら拾えばいい。
見つかるまで探せばいい。
暗中模索も無駄じゃない。
すべてなくなっても、自分がいる限り、人生は終わらない。
むしろすべてなくなったほうが、純粋でまっさらできれいってこと、知ってた?
嬉しさも悲しみも無限の人生は、果てしなく
どこまでも続いているのならば、わたしは
「行けるとこ」まで、なんて決めずに、
どこまでも行きたい。生きてみたいのだ。
どこまでだって行ける。何者にでもなれる!

信じなくっちゃ、立ち上がらなくっちゃ、始まらない!
外に出たら、上を見上げてみてください。
そこには空がある。光がある。
だから私は、今日も、生きている。




コメント・メール・拍手・リンクは本当に嬉しいのです。お気軽にどうぞ、お待ちしています。

ブロとも申請フォーム

Renaとブロともになる☆

union

笑顔が大好き!

cafe menu
hearty cafe
waku-waku-heart
monthly archives