しこうかいろ

応援されないことはやめる ってことはないが

応援してくれるひとがいないというのはすごくモチベーションに響く

それは今まで両親、家族、友達、担任の先生とか
無条件に愛情を注いでくれたり応援してくれる立場が
当たり前だったひとたちに甘えてきた
応援が当たり前だなんて思っちゃいけないんだ
芸能人もファンあっての仕事
こっちから見たら安泰でも本人たちは色んな葛藤を抱えているんだろうな


前までは
甘えていたともとれるが
死ぬ資格があると思って言っていた言葉も
今では言うのがヘドが出るとかいうのも超えて
死にたいと言えるほどがんばってないなと思う。
前はつらくてつらくて生きたくなかったけど
今はただただ逃げたくて消えてしまいたい。
100%楽な方にいこうとしてる。

どうして今こうなったか原因を考えていると
いかに普段から弱くて甘えているのかわかる

そんな今でもあの世にいきたくなる
すべてがどうでもよくないけど
どうでもよくしたい
なくしてしまいたい雑念とともに

妥協の境目がわからない
私はまた縛っているのか?
それでも向上したいきもちがある
生きるのに苦しむのは生きたいから?
毎日あっという間に一日が過ぎて
明日がこなければいいと思う
明日の朝の顔がこわい
明日もきっとやる気がない
しんどいからやる気がないんじゃなくて
やる気がでないことがしんどいと気付いた
やる気がないのがうつ病だと考えてみたら一瞬楽になったけど
それすら逃げているように感じる
バイト先も大学も塾もそんなの知ったこっちゃないんだから。
うつ病だろうがなんだろうが
毎日来て努力して競争を勝ち抜く奴に
信頼と合格と給料の結果が与えられるんだ。

そう考えたらまた胸が苦しいんだ
最近また寝る前に息苦しくなって体がぞわぞわして過呼吸みたいなきもちわるいみたいなやつになる。

わたし自分を責めすぎてる?違うよね?

この思考かいろいやだ

5 years ago

デサンに行こうかどうしようか

5年前と同じ恰好で同じ場所で同じことを考えている、とハッとした

学校に行こうかずっと迷いながら
行かないでいいよと誰かに言われるとホッとして
いつもどこかでその言葉を待っていた

今よりもずっと若かったあの頃は
がんばって甘えずに行けば見える景色が違うということを知らなかった

けれどあの頃はどれだけ外に出ても、寒くてさみしい色だった


学費の厳しさも時間のなさも
あの頃だって考えてはいたものの
支払いが厳しいと頭で考えるから行ける今と比べると
甘えていたのだろう


別に何もがんばっていなかったのに、
がんばれ、という言葉がすごく苦しくて耳障りだった

どうして学校に行けなくなったのか
何がわるかったのか
今でもわからない
ただひとつ言えるのは
私がよわかったのだと思う

今の子は弱いとか鬱は現代病だとかゆとり教育とか
環境のせいだという事実も願望もあるかもしれないけれど
それだって地に足をつけて自立している21歳も16歳もいるんだ。
その中で溺れた私に、原因があるんだ…


助けてほしいのに助けを求められなくて
ママにさえ しんどいことを上手く言葉で伝えられない

目の前に見えるものがすべて無意味に思えて
朝から泣いて
独り言が増えて
誰の何の言葉も響かないと同時に誰の言葉も特別に感じる

そうか もう5年も経つのか
何も変わっていない
つよく おとなになるはずが
どんどんこわいものが増えて臆病になって
人目ばかり気にして幼稚なままで口だけが達者になっていく

私が中学を3年間過ごして卒業したときのような濃密な学生時代が
皆は高校、大学と、2回ある
私はなんだかとぎれ、とぎれで、生きていくだけのために紡いでいっているような
むなしい感覚だ
なんのためにやっているんだか
つまらない意地とプライドは邪魔になるよ?
でも私はプライドと夢がなかったら今頃この世にいないと思う。
しぶとさが生んだ命。


ずっと同じ場所でうずくまったまま意味のない涙を流して
キャンドルに話しかけて 唄った
ぞっとするくらい5年前と同じ状況で
こわくなった

このままここに閉じ籠って休むわけにはいかない

今までどうしていたんだろう

今までどうやって休憩していたのか

今までがずっと楽な方に逃げていたのか


休んでいいよ
無理しちゃだめだよっていうひとと
甘ったれんな
今の子はよわいっていうひとがいる



何になりたいの?
何をしたいの?
何を気にしているの?
何に囚われているの
自分は自分だろう


コロコロ変えるのはよくない
これじゃなきゃって固執はよくない

一途なのはいい
冒険もいい
冒険しなきゃって憧れは夢見がち?
絶対、に、
できない、?

自分に合った仕事をすればいいのか
自分が楽な仕事を選べばいいのか

楽な仕事は逃げてる気がするんだ



直接じっくり話したこともないひとに

どうしてあなたはいつも自分が苦しい道を選ぶの?と言われドキっとした

こんな生き方しかできないんです

自分も他人も傷つける生き方しか

自分を苦しめることで戒めたように罪悪感から解放されようとしている
自分を傷つけることで保っているんです



こわがってちゃだめだ
にげてちゃだめだ

つよくならなきゃ

つよくなりたい


わたしはいったい 、



しぇるた族2010

しんどいよ……しんどいよ・・・・・・・・

シェルタ入りたい。何食べてもおいしくない。食べたいものない。
何しても楽しくない。したいことない。何しても何かに追われる。何かに縛られる。

シェルタ入りたい。

バイトもデサンも今週1度も行ってない。

せっかくゲットしたバイトの信用はなくなりつつあります。

ああ。

両立にくるしむのならやめたほうがいいのかな。

好きになってくれるひとを

高校時代私は全然タイプじゃなかったが
私のこと好きっぽかったひとからさっき電話番号きかれて
1時に電話がかかってきて
会おうとかかわいいから大丈夫とか
元気だしてがんばってとかまた電話してとか
メールしてとかとにかく会おうや

を繰り返し何っ十回も言われた。

今3時21分。
毎日11時~2時には寝ていたのにアトピィ悪くなるじゃないかこら。
寝たふりしてたのに4回かけてくるから出たよこら。


高校時代から同じようなこと言われてきたけど
友達自体避けるほど学校いけてなかったから
やんわり避けてきたが
このひとを最近人として好きになっていたので
思いきり甘えてしまった。
彼女いるっぽいが好きになりかけるくらいいいひと。

もやこで会いたくないのにあんまりにもしつこいので
がんばって初めて正直に
怖いって言ってみたりとか
会えないってがんばって断ったのに
何回も誘ってくる。
何回も断るもんだから
私がすごい怖がりみたいになっちゃって(まぁそうなんだけど)
会ってみたらわかるってって言われて
そんなんあたしが一番わかってるよとは言わなかったら
大丈夫いけるよって励まされた上に

彼女いるんでしょ!だめだよって次は彼女を口実にしてみたら
彼女とはまた別の話だから大丈夫。と私が自惚れたみたいな感じになった。

私も浮気はだめだよとか超自惚れ発言しちゃったし。
浮気じゃないのに。

でも告白しといて別っていわれるのには何か嫉妬(笑)
女の子は浮気じゃなくても二人きりで会うのはやだよ。
って言ってみたら、大丈夫って言ってたのは安泰の余裕か?
って気になるんだよね~付き合いたいとは思わないけど…
やからって二股してやとか冗談でもゆうな(笑)

このひとくすぐったいくらいにすっごい私のこと褒めるというか、かわいいからいけるよ(なにが?)を連発するし、学校ではもうすごいかわいくて皆が…みたいなことをいつも言うのが信じられなくて、私が何回否定しても、かわいいっていうのを本当は自分でわかってるでしょ?って言ってくる。絶対曲げないから、それこそ自惚れ発言だが、自分の片想いの人って理想像をつくるから、勝手に思ってるんだ!って思って買い被りすきだとかよく見てないんだよとか言ったけど、いや、よ~く見て可愛かったとか言い出しやがって(笑)、このひとの元カノはかわいくなかったから(←)、多分B専なんだな、という結論に行き着いた。
このひとはちょっとうざいくらい褒めてくるけど、自分のことはしすぎなくらいすごく卑下する。
確かに顔は全然かっこよくないけど(←)私は本当に何度も好きになりかけた。皮肉にも彼が私から離れてから。
彼は見た目に反してすごくモテると思う。すごい肉食。積極的。
わたしはすっごく押されて甘えてしまったんだけど、
、そして、、5月に告白した彼に電話したい。と思った。彼には怖いことも言えないし重いことも言えない。学校やめた理由も訊かれたことはない。
彼からメールもこない。

だけどどうして彼なんだろう。

好きになってくれるひとを好きになれたらいいのに

という歌詞が離れない近頃だった。

だけど好きになってくれるひと も
もう過去のひと。

恋愛って、疲れる。
アトピィで、赤い。かゆい。

アトピィだから会いたくないのもあるけど
アトピィになってから初めて出会った人でも、なんかしんどい。
仮に誰か好きになってくれたとしても、なんか気つかう。
ご飯食べる度に唇洗わなきゃ痛いし、抱きついたら服かゆいし、顔に汗かくことしたくないし、まぁ、なんかいろいろ。疲れる。余裕ない。今日この頃。
バイト。勉強。受験。人付き合い。
すべてはわたしの精神なり。

まだまだだ・・・・・


エルメスじゃないよ。ヘルメスだよ。
顔が白いよ。私は赤いよ。
あぁ・・・かゆい・・・・・塗るものない

ビラ配り電話して休んだ。


6時43分。急いでも間に合わない。
6時から目が覚めていた。
ママが休みだなんて知らないから送ってもらうことは排除していた。
休みだろうとなかろうと排除なんだよ、送迎は。

金も時間も信頼も自己責任。

見えない、見えないよ。
見えすぎてしまうよ。

靴下が

片一方ないんだ


最近 今日みたいに11時半まで寝ていた日はいつあっただろうか

最後にそうしたのはいつかわからないくらい久しぶりに
昨日は思いきり大声をあげて泣き叫んだ
昔と違ったのはママの前で暴れられなくなったこと
大声がくるしいくらい止まらなかったこと
かゆさが気になりながらも液体を流せるようになったこと
朝目が覚めたら一瞬
いつも通りすっきりしたものの
次の瞬間かなしみと涙が止まなかったこと


最後にそうしたのは全く覚えていないくらい久しぶりに
今日はほとんど一日中寝ていた
起きたもののやけ食いして
食べても食べても満たされず
何を食べたのか、食べた覚えがないのになくなっていた
youtubeで音楽を聴き
シェルターに潜り込み
ママに話しかけられてもかたまってしまい
数えきれないくらい何をしても涙が出てきて
夜中に起きてくる
もやこ生活だった


何度も現実逃避したかった。
だけど明日も明後日も
バイトもデッサンもある

行きたくない
と駄々をこねる暇もなくやり過ごす毎日だった
過労死する人のストイックさが理解できなかったけれど
もちろん比べ物にはならないけれど
息抜きする暇さえなかったのかもしれないという意味ではようやくわかった
だけどそれは息抜きする時間をつくらないひとに非があるらしい
いつだって僕らのせいだ


私は
なにをするために なにをしたくて 今こうしているんだろう
大学に行って何をしたいんだろう
誰のために何がしたくて行動しているんだろう
いい大学 いい会社 流行りの場所にいくことが見返したことになるのではなく
どんな場所でも努力して結果を出せるのが見返したというのだと思う

生きているのに 生きていないみたいだ

自分中心に世界は回っていると本気で思っているんだと思う
本気でというか当たり前だと思っているんだと思う

長い夜で 長い一日で
だけどすごく短かった

誰にも甘えられなくて本当のことを上手く伝えられなくて
泣きたいのに泣けなくて自分の居場所がどこにもなくて
でもぜんぶ原因は自分にあって
どんな美しいものがあってもおいしいものがあっても
やさしいものがあってもお金持ちになっても
自分が変われないからすごくくるしかった くるしいんだ


このままじゃいけないと靴下を拾い上げて履くけれど
それは左右不揃いで
わたしみたいだとふと何気なく思うんだ、誰か。

mou、shini

taiyo・・・・・って心の中でこだまする
本気じゃないから口にはできない

mou inakunaritai

kiechauyo

なにかがなくなっていく

samishi
tasukete・・・


nakitai amaerarenai
誰かにすがりついて思いきり泣き叫びたいよ・・・・・・・・

やけ食い週間

お金払って教えてんだからもっと真剣にやりなさいよって

こっちだってやっと雇ってもらってお金もらうためにイッショウケンメイやってんだよ・・・!!

なんでだよ、なんでだよ、
たるんでんのかもしれない、真剣にやれって言われたら
やってなかったのかもしれないと思う
でも少なくとも
失敗しないように迷惑かけないように仕事を仕事として最低限できる限り考えてやってるつもりだよ!!
つもりじゃだめなんだろうけど後ろめたいことしてないよ!

ふざけてなんかないのに、なんで伝わらないんだろう・・・・


確かに私がもやこなことで
れっきとした仕事なのに
ボランティアみたいなリハビリみたいなモチベーションを
感じさせてしまっているかもしれない。
私もどこか ペースはこれでいいだろうって甘えてるかもしれない。
でもそのときにやってる仕事ひとつひとつはイイカゲンにしてない。
だけどこれはだめだったあそこはまだ汚い下手だとか結果をけなされるのは結果だから仕方ないかもしれない。
でも真剣にやれって気持ちの過程を言われてもどうしようもないよ、こんなにがんばってる、、つもり、なのに。

ホンネ

もうしんどい・・・













しんどいよ・・・・、助けて

って大袈裟かなバイトごときで








もうほんとなんかとにかくしんどい、くるしい、誰か・・・・・・・

チラシ配りじゃないほうのバイト

バイトいきたくありませんでした。
顔しみました。
行きたくないと駄々をこねる時間もなく6時26分に出ました。
歩く途中に座るバス停で休憩してパンを3口かじりました。
行きたくありませんでした。
バイト行きました。
失敗しました。
怒られました。
わたしのミスでした。
無給の1時間居残りになりました。
帰ってきてデッサンにとんぼ行きです。


最近、
泣きたくないのに涙が出るとかこぼれちゃうとかでなく
すっごく泣きたい!ってなる。泣きたくてたまらない。
流すことが、思いきり泣きわめくことがすっきりするなぁ、泣きたいときに我慢するってこんなに気持ち悪いんだっていつもこらえる度に
タッパーにぎゅうぎゅうに詰められてるみたいだ。
自分で蓋をする・・・・。

もういやだ、なんていいたくない。
わたしがんばってるよ、がんばってない?がんばらなきゃいけない?がんばるって何?悩んでるか悩んでないかすらわからない。
ただただ時間が過ぎていく。

すぐに泣きたくなるのも涙が出るのも眠いのも肌がよくないのもやけ食いしたいのも生理前だと思いたい。

今から母校行ってきます


センター試験の〆切14日やった

知らんかった(゜_゜)
受けたことないっちゅうねん(゜_゜)
予備校は画塾やからってそんなこと教えてもらわんかったっちゅうねん
自己責任

とまとまとまっと~

皆さまお元気ですか。
どうですか。
がっくしですか。
はっぴぃですか。
ぼちぼちですか。
しょぼおんですか。
しょぼんはシャボンにして飛ばそう。





トマト着彩3h。
1日1枚以上必須。
今日4枚できるのに結局1枚。
〆切の明日までにあと3枚はやりたい。
1枚3時間だから時間的に(._.)
Message of HEART
HEART
THANKS for coming!!

letters of HEART
profile

Rena(りな)

Author:Rena(りな)


りなのCafe・ふついちに
いらっしゃいませ。
どうぞおくつろぎくださいまし。

もや子の日常
アトピの日常
想ったこと、感じたこと、話したいこと…
ありのままを、恥ずかしいけれど
照れ臭いけれど、綴っていくんだ。
私がつづってゆくことで、誰かの役にたてたり、誰かの心になにか響かせることができたらいいな。
そして、まだまだ子供なあたしが、一緒に成長できていけたらいいな。
いろんな人に出会って・・・。

マイナス思考。ぐちも吐く。弱音も吐く。
言い訳もする。
考え事ばっかりしてるのに
成果が出なかった。
力のコントロールが
じょうずに出来なかった。
要領が悪い。不器用なんだ。
一日という短くて長い時間を
生き抜くだけで精一杯だったよ。
大きな変化はないけれど
きっと徐々に進化しているのだ。
だから、そのまま。
自分らしく、あたしらしく。生きる。
それが結構むずかしいのだけれど。
いま、じぶんが、できることをする。
楽しく生きる。
今を楽しく生きなきゃ
未来もきっと楽しくない!
時には人に頼って、
支えてもらって、
背中を押してもらって。
希望がみえるトコロまで走り続け、
近い未来も遠い未来も信じて。
自分を信じてくれる人を信じて。
人に信じてもらえる自分を信じて。

無理しない。
あきらめない。
頑張り過ぎない。
ふつうでいい。
文句言う前に薬飲みぃ。
とりあえず死ぬな。
何があっても
生きることだけはやめるな。
時に強くなれ。
時に弱くなれ。
それがきっと人間。
それがありのままの
あたし。

息ぎれ?がんばった証拠じゃないか。
でも頑張らなくていい。
「前を向く」だけでいいじゃないか。
いつか一瞬のうちに消えてしまうしゃぼん玉すら、キレイで美しい。
長い年月をかけて積み上げた積み木の塔は、どれかが欠けては成らない。
矛盾は許せなかったのに
矛盾だらけの人生だ。
もやもやもやもや
ぐだぐだぐだぐだ
落ちるとこまでとことん落ちれ!
落ちたらあとは、あがるだけだ。
しゃがんだあとは、ジャンプだ!

そんなりなを応援してくれている人、
ありがとう。
「感」と「心」と「気」をもって接してくれる人、
ありがとう。
毎日遊びに来てくれている人、
ありがとう。
言葉をくれる人、ありがとう。
いつも見守ってくださってありがとう。
わたしをやさしく見守ってくれる
あなたを、おんなじきもちで
見守っていたい。
その1つ1つの言葉が、モーションが、気持ちが、嬉しい。
出会ってくれた全ての人に、
ありがとう。
愛。気持ち。感謝。、伝えたいよ。
出会いは大切。
フィーリング。ハート。
相手の気持ちを大切にしよう。自分の気持ちも大切にしよう。

私は言葉のチカラを信じている。
ときに折れそうになったこれまでも、これからも。
伝えることを続けたい。
聴くことをやめたくない。
忘れたくない。
伝えるということを。
こころをもってつなげれば、
伝わるんだということを。
広くて狭い世界の中で
この狭くて広いネットの1ページを、
わたしは、信じてる。
だからわたしはここにいて、
発信しつづけるんだ。

ぽわ~ん ぽわ~ん
ぽわわわわわわ~ん

受け入れてくれてありがとう。
大きな愛で包んでくれてありがとう。
どっかん愛してる。
今日も明日もあさっても、ずっとずっとあいしてる。

「自分らしさ」なんてむずかしく考えないで、
そのままで、わたしらしく、生きていけばいい。
間違えても、またスタート地点につけばいい。戻ればいい。
捨ててしまったなら拾えばいい。
見つかるまで探せばいい。
暗中模索も無駄じゃない。
すべてなくなっても、自分がいる限り、人生は終わらない。
むしろすべてなくなったほうが、純粋でまっさらできれいってこと、知ってた?
嬉しさも悲しみも無限の人生は、果てしなく
どこまでも続いているのならば、わたしは
「行けるとこ」まで、なんて決めずに、
どこまでも行きたい。生きてみたいのだ。
どこまでだって行ける。何者にでもなれる!

信じなくっちゃ、立ち上がらなくっちゃ、始まらない!
外に出たら、上を見上げてみてください。
そこには空がある。光がある。
だから私は、今日も、生きている。




コメント・メール・拍手・リンクは本当に嬉しいのです。お気軽にどうぞ、お待ちしています。

ブロとも申請フォーム

Renaとブロともになる☆

union

笑顔が大好き!

cafe menu
hearty cafe
waku-waku-heart
monthly archives