やまぶきいろの

こないだのつづき。
最後、図書館のお話。
本当はカフェ→図書館の予定だったんだけど、
カフェで雑貨を見まくって、おしゃれ魂(?)に火が
ついたRenaは、母に遠慮せずに「ほかにもどこか
行ってみたい!」と言ってみて、マフラーなどを買っ
た雑貨屋さんへ行ったのです。
その雑貨屋さんへ行く途中&図書館の近くで切り取った旅の記録。
っていっても、デジカメで残り2枚撮れたので、
デジカメ&手持ちのインスタントカメラで撮ったので、
携帯ではほとんど撮ってなかったー(笑)


いちょう並木。
ichou3_200711281518

普通の道路なんだけど、本当に並木~ってくらい
長~いイチョウ並木でした。
カメラマンも悪いですけど(笑)、携帯もかなり古い
のでオレンジに写っちゃっていますが、キレイな黄
色が集まって、山吹色の並木になっていましたよ。

雑貨屋さんを終えて、すっかり夜。と思ったらまだ
5時半。日が落ちるのが早くなったんですね。
というよりは、日が落ちるのが早くなる季節に
なっていたんですね。私が日が出ている
ときから落ちるときまでの間に外出する
ことが少ないから気づかなかったんだなぁ。

雑貨屋さんにかなり私が入り浸っていたので、
遅くなってごめんね・・・と母に思いながらいざ図書館へ出発。
ん・・・?図書館が真っ暗!なんと、今日は休みだったみたい!!
がーん・・・と言いながらも内心、
別にいいやと思っていた。その
時そう思った理由を考えてみた。

1.映画やDVDほど本に執着していない&集中して読めない
2.この日は「出たくないのに一生懸命
気持ちを振り絞って外出した」わけでは
なくて、結構すんなり出れた方だったから。
3.すごくエゴだけれど、図書館をいく前までで結構満足していたから

本(小説)は、読めない。嫌いではないです。多分
1つは本を読む習慣をつけていないから。もう1つは、
鬱による集中力の欠乏だと思う。でも実は最近は
ましになってきた気がして、だから図書館にも行った。
鬱が酷くて何にもやる気が出ない絶頂
だった時は映画もテレビもみれなかった。

一生懸命外出したときにお店が休み
だったり目的のものがなかったときは
「なんで!何で今日頑張ったのに!」って
いつも嘆くか落ち込むか、それだけで鬱になっていた。

3番の理由はすごくエゴだけれど、
母にそのままそう言ってみた。
自分が充実していると、心も広くなれるのだなぁ、と。
心のどこかで「本を借りても読めないかもしれない」
という気持ちもあったと思う。
本を借りるのは無料だけど、借りたのに読めな
い自分は、やっぱり色んな意味でショックだ。
なにはともあれ、自分が幸せなら、小さなことに
くよくよせず、それによって周りの人も幸せに
なるということを実感した1日だった。

それと、実は図書館に行く前に雑貨屋さん
に行ったのは、私が母に頼んだからでした。
言おうかどうか迷って、図書館の前に行って
いいのかどうかわからなくて、でも母に頼んで
行った結果、遅くなってしまったけれどその後、
図書館はお休みだったし、結果よかったなぁって思った。
もし雑貨屋さんに行きたいって言わなかったら、
そのまま暗くなる前に図書館に行って、お休み
だと知って、しょんぼりしながら帰った気がする。
そして、雑貨屋さんに行きたいと言わなかった
自分が悪いのに、「図書館休みって知ってたら
雑貨屋さん行きたいって言ってたのに!」とまるで
母を責めるような言い方をしていたかもわからない。

我慢せずに、言えば、なにもかも上手く行くということもあるんだと再確認した。
自分を犠牲にすると、あとから犠牲にしたものを恨んでしまうという言葉を思い出した。


図書館がお休みだと知った母に、紅葉があるよ!と聞いて
図書館の周りの紅葉を携帯で撮ってきました。


葉っぱのベッド。
ichou2

のはずが・・・暗いよー。
普通の歩道にしてはいっぱい重なり落ちていて、
ふかふかベッドのようでした。


イチョウ。
ichou_200711281736


焦がしキャラメル風
red_299711281737



これは私が外に撮りに行く前に、母が拾ってきてくれたイチョウたち
ichou4_200711281804



いちょうはとっても綺麗でした。
いちょう並木はほんとうに、綺麗。
雑貨屋さんに辿り着く前にはいちょう並木は
ほとんど終わっていたんだけど、
雑貨屋さんの前に一本まっすぐ立っていて、
凛として、イチョウのすき間から光が差し込んで
とてもきれいだった。
イチョウのような黄色い、明るい気持ちにもなれる。
でもイチョウは、ただ黄色いだけじゃなくて深みのある色をしていた。
普段外に出ない私だから、普段外のものたちと触れ
合わない私だからこそ感じれる感覚かなとも思った。
これが、自然の、恵みなのかと。

テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

Message of HEART
HEART
THANKS for coming!!

letters of HEART
profile

Rena(りな)

Author:Rena(りな)


りなのCafe・ふついちに
いらっしゃいませ。
どうぞおくつろぎくださいまし。

もや子の日常
アトピの日常
想ったこと、感じたこと、話したいこと…
ありのままを、恥ずかしいけれど
照れ臭いけれど、綴っていくんだ。
私がつづってゆくことで、誰かの役にたてたり、誰かの心になにか響かせることができたらいいな。
そして、まだまだ子供なあたしが、一緒に成長できていけたらいいな。
いろんな人に出会って・・・。

マイナス思考。ぐちも吐く。弱音も吐く。
言い訳もする。
考え事ばっかりしてるのに
成果が出なかった。
力のコントロールが
じょうずに出来なかった。
要領が悪い。不器用なんだ。
一日という短くて長い時間を
生き抜くだけで精一杯だったよ。
大きな変化はないけれど
きっと徐々に進化しているのだ。
だから、そのまま。
自分らしく、あたしらしく。生きる。
それが結構むずかしいのだけれど。
いま、じぶんが、できることをする。
楽しく生きる。
今を楽しく生きなきゃ
未来もきっと楽しくない!
時には人に頼って、
支えてもらって、
背中を押してもらって。
希望がみえるトコロまで走り続け、
近い未来も遠い未来も信じて。
自分を信じてくれる人を信じて。
人に信じてもらえる自分を信じて。

無理しない。
あきらめない。
頑張り過ぎない。
ふつうでいい。
文句言う前に薬飲みぃ。
とりあえず死ぬな。
何があっても
生きることだけはやめるな。
時に強くなれ。
時に弱くなれ。
それがきっと人間。
それがありのままの
あたし。

息ぎれ?がんばった証拠じゃないか。
でも頑張らなくていい。
「前を向く」だけでいいじゃないか。
いつか一瞬のうちに消えてしまうしゃぼん玉すら、キレイで美しい。
長い年月をかけて積み上げた積み木の塔は、どれかが欠けては成らない。
矛盾は許せなかったのに
矛盾だらけの人生だ。
もやもやもやもや
ぐだぐだぐだぐだ
落ちるとこまでとことん落ちれ!
落ちたらあとは、あがるだけだ。
しゃがんだあとは、ジャンプだ!

そんなりなを応援してくれている人、
ありがとう。
「感」と「心」と「気」をもって接してくれる人、
ありがとう。
毎日遊びに来てくれている人、
ありがとう。
言葉をくれる人、ありがとう。
いつも見守ってくださってありがとう。
わたしをやさしく見守ってくれる
あなたを、おんなじきもちで
見守っていたい。
その1つ1つの言葉が、モーションが、気持ちが、嬉しい。
出会ってくれた全ての人に、
ありがとう。
愛。気持ち。感謝。、伝えたいよ。
出会いは大切。
フィーリング。ハート。
相手の気持ちを大切にしよう。自分の気持ちも大切にしよう。

私は言葉のチカラを信じている。
ときに折れそうになったこれまでも、これからも。
伝えることを続けたい。
聴くことをやめたくない。
忘れたくない。
伝えるということを。
こころをもってつなげれば、
伝わるんだということを。
広くて狭い世界の中で
この狭くて広いネットの1ページを、
わたしは、信じてる。
だからわたしはここにいて、
発信しつづけるんだ。

ぽわ~ん ぽわ~ん
ぽわわわわわわ~ん

受け入れてくれてありがとう。
大きな愛で包んでくれてありがとう。
どっかん愛してる。
今日も明日もあさっても、ずっとずっとあいしてる。

「自分らしさ」なんてむずかしく考えないで、
そのままで、わたしらしく、生きていけばいい。
間違えても、またスタート地点につけばいい。戻ればいい。
捨ててしまったなら拾えばいい。
見つかるまで探せばいい。
暗中模索も無駄じゃない。
すべてなくなっても、自分がいる限り、人生は終わらない。
むしろすべてなくなったほうが、純粋でまっさらできれいってこと、知ってた?
嬉しさも悲しみも無限の人生は、果てしなく
どこまでも続いているのならば、わたしは
「行けるとこ」まで、なんて決めずに、
どこまでも行きたい。生きてみたいのだ。
どこまでだって行ける。何者にでもなれる!

信じなくっちゃ、立ち上がらなくっちゃ、始まらない!
外に出たら、上を見上げてみてください。
そこには空がある。光がある。
だから私は、今日も、生きている。




コメント・メール・拍手・リンクは本当に嬉しいのです。お気軽にどうぞ、お待ちしています。

ブロとも申請フォーム

Renaとブロともになる☆

union

笑顔が大好き!

cafe menu
hearty cafe
waku-waku-heart
monthly archives