瞳を閉じれば

20100309222253
バレンタインの日に、テストを受けに学校に行きました。
最後のテストのチャンスでした。
something elseの歌が何度も頭の中を流れました。

わたしはもう行かないと決めました。
ママに云ったら、ママは悲しそうにわかったよといっていました。
その頃よく早く寝て早朝に目が覚めていたので、
私は布団に入りながらやっぱり
行くだけ行ってみようかなと思いました。
早く起きて、勉強して、学校に行って受けてみようかなと。
が、しかし、21時頃に布団に入ったにも関わらず、
睡眠薬も飲んだはずが、朝まで寝れなかったのです。
なぜだかわからないまま、私はもうだめだと思いました。
眠くてだるくてかゆくてもやくて、
不眠が一番、エネルギーを出せない原因となるのに。
今度こそ、行かない、ここまで思ってやったのに、
今度こそ行かないからな、と、誰に云っているかもわからない台詞。
日本史は3限、生物は6限でした。
頭がぼーっとして勉強も今からじゃできないし。
布団でふてくされているというよりは
明け方から眠くてだるくて寝転がっているうちに
刻々と時はせまる。やっぱり違う。まず用意しよう。
受けるかどうかはおいておいて、まず学校に行こう。
行く用意をしよう。今から用意すれば行って学校で
一時間勉強する時間はあるかもと思った。
お風呂に入ってマイペースに着替えて用意して、、、
3限のテストまで、もう今から行って
ちょうど間に合うくらいなことに気付いた。
やっぱり1時間勘違いしていた、、。
こころのなかで、今から行っても一度も勉強してないから、
どうしよう。とずっとおろおろしていた。
先生に電話しようと思ったけれど、
電話するのも人と話すのもだるくて、
久しぶりに話すのも頼み事をするのも恥ずかしくて、
しばらく躊躇った。でも、まず電話しよう、電話してしなきゃ
進めないと思って、ドキドキしながら電話して、
時限を変更できないか訊ねた。
通信制高校は自由な校風の代わり、時間や忘れ物には厳しい。
やはり、だめだった。今から行ったら勉強する時間はない。
一度も勉強してないから、今から受けても、と
思わず弱音を吐く私に、いいから大丈夫だから、
簡単にしてあるから、とりあえず来てみんか、と何度も言う先生。
そんなこと言われても、と思ったけれど、迷ったけれど、
私は気づいたら教室の椅子に座りながら用紙を配られるのを待っていた。
受けても、勉強していないからどうせ受からないだろう。
でも学校に来て受けなかったら、卒業は絶対にできない。
受けて卒業できないのと、受けないで卒業できないの。
「やらないで後悔するよりやって後悔しろ」。
ずっとそう想ってきたのに、どうしてこんなに簡単なことに
気づかなかったんだろう。少しでも勉強したのなら受けにきたい。
でも、絶対的に受からないのに何で受けにいかなくちゃ
いけないんだろうと思っていた。
でも、受けないで卒業できなかったとき、ずっと、
とりあえず受けてみなかったことを後悔するだろうと思いました。
直前にパラパラと範囲を読んで、すぐにテストを受けた。

テストは、この最後のテストは、
ペナルティで50点以上とらなければいけない。
ほんで、実際の点数から80%扱いになるらしい。。
100点だったら、80点にされる。

6限の生物に向けて勉強するため、
お昼ご飯を食べていると、先生が来て、
日本史受かったわよ!!と。
びっくりしちゃって、しかも76点くらいとれていて、
結果60何点かになっていました。
もう卒業できない気でいたのでびっくりしちゃって、
軽い気持ちで受けるつもりの生物が、かなりプレッシャーに。
これが最後になるかもしれないんだ・・・と思うと、
もともと苦手な生物の勉強そっちのけで
教室の写真ばかり撮って、廊下を通る人に
不審者に見られていました多分(笑)
気づいたら一時間前になっていて、慌てて勉強。
日本史はヤマをはったとこが大体当たってたんですが、
生物はレポートをしてる時点で難しかったので、
ヤマがあたらなかった(´・ω・`)
むしろ、後期だからヤマはるような場所が出ないで、
簡単になってたのかなぁ?

結局生物はやばいなぁ・・・と思いつつ、帰宅。
でもなぜか気持ちは軽い。開き直りなのか、
余裕なのか自信なのか、無頓着なのか自分でもわからない。
数日後に届いた結果は、20%カットで55点。
ギリギリ・・・・・・!(;゚ё゚`;)
あと5点でヤバスかよっ(゚Å゚;)
とりあえずなんかすんなり受かっちゃって、なんだか拍子抜け。
日本史は何で受かったのかは、記述が少なくて選択が
多かったのと、直前にヤマをはったのと、
レポートをしてるときにきちんと理解しながらやったから、
知識が残ってたみたいです。
夏のテストは記述が多くて、すごい悪かったんだよね。
ノー勉の今回よりも(笑)

入学受験を躊躇っていたときに、母には
一年で卒業しなくてもいいやん、と言われていたけれど、
私は学費としても時間としても気持としても(だらだらいると
ゆるみそう)行くなら一年で卒業したかった。
だけど、私は一度、4年生を覚悟したので(一応4年制なので
留年ではない)まぁいいや、のんびり行こう、のんびり卒業を
目指そうというおおきなきもちと、なんとしてでも
卒業したいという執着、ふたつ経験することができてよかった。
ただ、もう一度文化祭を体験したり行けなかった行事を
行くのはいいなぁとは思っていた。ただ、国語とかならまだしも
日本史と生物のレポートをまた4月からやり直すのは
マヂ勘弁だあああ(゚Å゚;)という執念が
導きだした結果なのでした。


今日、学校に卒業証書をとりにいきました。

それから、すこしsympaでグッズを見てハッピーに。

12月のアルバイト先に、取りに行っていなかった
3回目(〆日が3回)の給料をもらいにいきました。
無印でグッズをみてハッピーに。
キャンドルってやぱいっぱい集めたいわ。


そしたら、おばあちゃんに証書をみせにいくときに
こないだカメラケースからカメラを落として、
カメラが、カメラが・・・・・・!(゚□゚;)!!(゚Å゚;)!
こわれた・・・。。。レンズエラー。
こわれた・・・。。こわれた!!!
雪の中にずっといて、バッテリー飛び出ててキズキズ。。。
なんか、カメラが壊れるのって
こんなにショックなことなんだと知った。
上手くいえんのやけど、大切なものが壊れたショックとかと
違うっていうか・・・カメラはコンデジで、所詮機械なわけで。
でもテレビや冷蔵庫が壊れるのとは違って、
でも大切なコップを割るほどの喪失感ではなくて・・・
なんか、なんていうか、すごいかなしくなった。
わたしがかなしいっていうか、すごくカメラに申し訳ない。
丁寧に扱わなかった結果。
初めてのマイカメラやしかな。
デザイン重視のカメラとかならいいんやけどね、まだ。
なんかね、カメラって使わなくなっても、使えるやん。
ただ、壊れたら修理せんなん使えんなあって。
修理にお金かかっても使い続けたいって時計とかやと
おもうけど、コンデジって微妙。
修理に一万前後かかるなら新しく買おうかなって思うし。
今ので不備ないけど、どんどん新しくなってくしな。
でも今コンデジってカメラ以外の機能が充実してて、
画素数とかはもう一定のレベル越してるやん。
携帯電話と違って非対応機種とかが出てくるわけでもないし。
だからよっぽど効かんくなるまで、あたしは
買い替えないつもりで、もし買い替えても気分で併用したり、
誰かに譲り受けてもらったりしようと思ってたんに。。
壊れたら修理せなそれもできんしなぁ。
あとから使いたくなって修理しても、、
早い方が良さそうやしなぁ、水吸ってるし。
そうそう、書こうと思てたんやけど、起きたらびっくり。
思わず目を疑ったよほんまに。雪ふっててん。粉雪積もってた。
で、すごい寒いし。これが3月かよ!?てかんじ。
こんな時期に降るけ!?ってびっくりしたけど、
そいえば毎年受験の時期って降らんかなとか
ゆってたイメージあるなぁってしみじみ。
あたしの高校受験も誕生日やったわ。
ほんで雪降ってたからカメラも捜しにくくて、、
一旦捜すのやめたんよ。捜しとったら電線から
雪ぼとお!って落ちてきていったいし。
もともとカメラ黒いし。。雪一面なら逆に見つけやすいけど、
コンクリも見えてて。
あぁ。雪降ってなかったら見つけられたかな。
壊れんかったかな。
瞳半端に閉じたり半目になったりしておかしくて、
変な音するし、拭いてもONするたびちょっと水出てくるし、
なんかかわいそう(;_;)
終わったことはしゃあないし
このカメラ自体執着はないけど、
修理せな治らんってのと、カメラに申し訳ない。
ごめんねカメラ。
ってなんか変やし名前つけとけばよかった、かな。

コメントの投稿

非公開コメント

Message of HEART
HEART
THANKS for coming!!

letters of HEART
profile

Rena(りな)

Author:Rena(りな)


りなのCafe・ふついちに
いらっしゃいませ。
どうぞおくつろぎくださいまし。

もや子の日常
アトピの日常
想ったこと、感じたこと、話したいこと…
ありのままを、恥ずかしいけれど
照れ臭いけれど、綴っていくんだ。
私がつづってゆくことで、誰かの役にたてたり、誰かの心になにか響かせることができたらいいな。
そして、まだまだ子供なあたしが、一緒に成長できていけたらいいな。
いろんな人に出会って・・・。

マイナス思考。ぐちも吐く。弱音も吐く。
言い訳もする。
考え事ばっかりしてるのに
成果が出なかった。
力のコントロールが
じょうずに出来なかった。
要領が悪い。不器用なんだ。
一日という短くて長い時間を
生き抜くだけで精一杯だったよ。
大きな変化はないけれど
きっと徐々に進化しているのだ。
だから、そのまま。
自分らしく、あたしらしく。生きる。
それが結構むずかしいのだけれど。
いま、じぶんが、できることをする。
楽しく生きる。
今を楽しく生きなきゃ
未来もきっと楽しくない!
時には人に頼って、
支えてもらって、
背中を押してもらって。
希望がみえるトコロまで走り続け、
近い未来も遠い未来も信じて。
自分を信じてくれる人を信じて。
人に信じてもらえる自分を信じて。

無理しない。
あきらめない。
頑張り過ぎない。
ふつうでいい。
文句言う前に薬飲みぃ。
とりあえず死ぬな。
何があっても
生きることだけはやめるな。
時に強くなれ。
時に弱くなれ。
それがきっと人間。
それがありのままの
あたし。

息ぎれ?がんばった証拠じゃないか。
でも頑張らなくていい。
「前を向く」だけでいいじゃないか。
いつか一瞬のうちに消えてしまうしゃぼん玉すら、キレイで美しい。
長い年月をかけて積み上げた積み木の塔は、どれかが欠けては成らない。
矛盾は許せなかったのに
矛盾だらけの人生だ。
もやもやもやもや
ぐだぐだぐだぐだ
落ちるとこまでとことん落ちれ!
落ちたらあとは、あがるだけだ。
しゃがんだあとは、ジャンプだ!

そんなりなを応援してくれている人、
ありがとう。
「感」と「心」と「気」をもって接してくれる人、
ありがとう。
毎日遊びに来てくれている人、
ありがとう。
言葉をくれる人、ありがとう。
いつも見守ってくださってありがとう。
わたしをやさしく見守ってくれる
あなたを、おんなじきもちで
見守っていたい。
その1つ1つの言葉が、モーションが、気持ちが、嬉しい。
出会ってくれた全ての人に、
ありがとう。
愛。気持ち。感謝。、伝えたいよ。
出会いは大切。
フィーリング。ハート。
相手の気持ちを大切にしよう。自分の気持ちも大切にしよう。

私は言葉のチカラを信じている。
ときに折れそうになったこれまでも、これからも。
伝えることを続けたい。
聴くことをやめたくない。
忘れたくない。
伝えるということを。
こころをもってつなげれば、
伝わるんだということを。
広くて狭い世界の中で
この狭くて広いネットの1ページを、
わたしは、信じてる。
だからわたしはここにいて、
発信しつづけるんだ。

ぽわ~ん ぽわ~ん
ぽわわわわわわ~ん

受け入れてくれてありがとう。
大きな愛で包んでくれてありがとう。
どっかん愛してる。
今日も明日もあさっても、ずっとずっとあいしてる。

「自分らしさ」なんてむずかしく考えないで、
そのままで、わたしらしく、生きていけばいい。
間違えても、またスタート地点につけばいい。戻ればいい。
捨ててしまったなら拾えばいい。
見つかるまで探せばいい。
暗中模索も無駄じゃない。
すべてなくなっても、自分がいる限り、人生は終わらない。
むしろすべてなくなったほうが、純粋でまっさらできれいってこと、知ってた?
嬉しさも悲しみも無限の人生は、果てしなく
どこまでも続いているのならば、わたしは
「行けるとこ」まで、なんて決めずに、
どこまでも行きたい。生きてみたいのだ。
どこまでだって行ける。何者にでもなれる!

信じなくっちゃ、立ち上がらなくっちゃ、始まらない!
外に出たら、上を見上げてみてください。
そこには空がある。光がある。
だから私は、今日も、生きている。




コメント・メール・拍手・リンクは本当に嬉しいのです。お気軽にどうぞ、お待ちしています。

ブロとも申請フォーム

Renaとブロともになる☆

union

笑顔が大好き!

cafe menu
hearty cafe
waku-waku-heart
monthly archives