let me

素直になればいいってわかってても

私にはできないよ そんな
ずるい生き方

欲がなければ いいのに

私にはできないよ そんな
狙った生き方


やりたくもない 強がりかな

つめたいなみだ

つめたい 涙が 頬を つたる

感覚を思い出すの一瞬に

今までしあわせだったね

今までつらかったね 耐えてたの?

大切なひとを大切にする それだけで ああ いいんです。

わがままを言うのはひとつのつよさなんだと思った



死ぬのなら貯金を崩して買えばいいのにお金を借りるあたりとか

見られたら困るものを消したり捨てたりできないあたりとか

本気で死ぬ覚悟ないんだろうな

それとも最強の捨てられない症候群か


死ぬ とか 究極に追い込まれたとき人間

本当にしたいことや欲しいものがわかると思うが

今やもう何がしたくてしたいことが何で
したいことが何かわかっても自分では判断ができない

そう 判断力がなくなるんだ
だから漫喫に行きたくても漫画を選べない
お菓子を食べたくても選べない
お金をお金と思わない使い方
お風呂にいつ入ろうかタイミング逃して3日
生きてるのも死んでるのもどうでもよくなる
判断に疲れてずっと寝る

寝ていたい理由がわかった
寝たらかいてしまうから寝るのがいやだった怖かった
だけど寝たら意識がなくなって
かゆみも鬱も もやもやも
イライラも欲も生への疲れも
後ろめたさも罪悪感も全部消える

意識があることが つらい

いつだったか植物人間になりたいと言ってママを泣かせたことがある


あの頃に比べたらママは動じなくなって余裕だ
心中 そうでなくても


私はママみたいには
なにも成長してないや



続きを読む

淋しい

もうやだ。泣きたい泣きたい泣きたい。

やなことなんてない
やりたいことやらせてもらってる
でもなんかもうやだ

泣きたい泣き叫びたい
ひとりにしないで
だれかわたしのはなしをきいて

もやこになるまでさみしいだなんて思ったことはなかった

もやこになっても さみしくてもひとりが楽だった

昨日の夜はすごく すごくさみしかった

さみしくてさみしくて誰かにすきなひとに
ふとんの中で抱き締められながらぬくもりのなかで寝たかった

夜中に目が覚めてさみしくてねむれなくて
もう充分寝たのに 私が死んだら皆かなしいのかな
死んだことすら知らないのかな
あぁおばあちゃんは泣いちゃうな 悲しませたくないな
皆はきっとすぐ忘れちゃうんだろうなって考えてたら
いつの間にか寝ていた
夢の中でも私はさみしくて
会えないだれかをずっと追いかけてひとりでいた

ずっと寝ていたのに起きてもさみしいきもちはきえなかった

ひとりにしないで さみしいよ

たてまち

ねぇ、いま たてまちにひとりでいるよ。

ねぇ、雨の中屋根のある階段に座ってるんだ。

現れもしない誰かを待ってるんだ。

ねぇ、マックに入りたいけど、お金がないんだ。

ねぇ、カラオケに入りたいんだけど、お金がないんだ。

ねぇ、漫画喫茶なんてお金ないんだ。

片目が裸眼で見えないんだ。

何も見えないんだ。

ねぇ、七輪買うお金がないんだ。

ねぇ、練炭どこに売ってるかわかんないくらい子供なんだ。

ポシェットの中に、せんごひゃくえんがあるんだ。

今日稼いだお金なんだ。

チキンマックナゲットひとつ。

愛想笑い浮かべて耳熱くて手かゆくて徹夜で行ったバイトなんだ。

ごひゃくえんから、にひゃくえんが消えるのはやだ

マックに消えちゃうのか。

カラオケに消えちゃうのか。

漫画読めないよ。

どうせ洋服に使うなら

いっしょなんだろうね

ねぇ、私の中のあなたは、ずっと学生服を着ているよ。

ずっと学ランのままだよ。

あなたの笑顔で

みんな元気が出るんだ

ねぇ、わたしひとりだよ

ホテルまで来たけど

屋上まで行けずに私はここにいるよ。

さむいよ。 ねむいよ。


どうして誰も

抱き締めにきてくれないんだろう。

腕を組みたい

写真を撮りたい

くだらないことを言い合いたい

こんなに恵まれているのに

どうして私はあんなふうに笑えないんだろう


どうして泣くときはいつもひとりなんだろう






変わらない昨日ばかり追いかけて、変えられる未来から目を逸らしてる。

割れたグラスは元には戻らないよ。

急に速度上がらないって誰が云った?

いつ誰が首位になっていつ誰が死ぬなんて誰にもわかんないし決められやしないのさ

いつ誰が元気になるかも
いつ誰が学校に来なくなるかも
本人すらね



戻りたい

戻りたい

戻ってどうするの?


抱きしめたい。

あなたが好きなんだ。

泣きそうなくらい今会いたい。

好きだ。きすして。あいたい。なきたい。







戻りたい。戻りたくない。今を生きたい。

過去ばかり見つめないで。

昨日は戻らないよ。

変わらない昨日ばかり追いかけて、変えられる未来から目を逸らしてる。
Message of HEART
HEART
THANKS for coming!!

letters of HEART
profile

Rena(りな)

Author:Rena(りな)


りなのCafe・ふついちに
いらっしゃいませ。
どうぞおくつろぎくださいまし。

もや子の日常
アトピの日常
想ったこと、感じたこと、話したいこと…
ありのままを、恥ずかしいけれど
照れ臭いけれど、綴っていくんだ。
私がつづってゆくことで、誰かの役にたてたり、誰かの心になにか響かせることができたらいいな。
そして、まだまだ子供なあたしが、一緒に成長できていけたらいいな。
いろんな人に出会って・・・。

マイナス思考。ぐちも吐く。弱音も吐く。
言い訳もする。
考え事ばっかりしてるのに
成果が出なかった。
力のコントロールが
じょうずに出来なかった。
要領が悪い。不器用なんだ。
一日という短くて長い時間を
生き抜くだけで精一杯だったよ。
大きな変化はないけれど
きっと徐々に進化しているのだ。
だから、そのまま。
自分らしく、あたしらしく。生きる。
それが結構むずかしいのだけれど。
いま、じぶんが、できることをする。
楽しく生きる。
今を楽しく生きなきゃ
未来もきっと楽しくない!
時には人に頼って、
支えてもらって、
背中を押してもらって。
希望がみえるトコロまで走り続け、
近い未来も遠い未来も信じて。
自分を信じてくれる人を信じて。
人に信じてもらえる自分を信じて。

無理しない。
あきらめない。
頑張り過ぎない。
ふつうでいい。
文句言う前に薬飲みぃ。
とりあえず死ぬな。
何があっても
生きることだけはやめるな。
時に強くなれ。
時に弱くなれ。
それがきっと人間。
それがありのままの
あたし。

息ぎれ?がんばった証拠じゃないか。
でも頑張らなくていい。
「前を向く」だけでいいじゃないか。
いつか一瞬のうちに消えてしまうしゃぼん玉すら、キレイで美しい。
長い年月をかけて積み上げた積み木の塔は、どれかが欠けては成らない。
矛盾は許せなかったのに
矛盾だらけの人生だ。
もやもやもやもや
ぐだぐだぐだぐだ
落ちるとこまでとことん落ちれ!
落ちたらあとは、あがるだけだ。
しゃがんだあとは、ジャンプだ!

そんなりなを応援してくれている人、
ありがとう。
「感」と「心」と「気」をもって接してくれる人、
ありがとう。
毎日遊びに来てくれている人、
ありがとう。
言葉をくれる人、ありがとう。
いつも見守ってくださってありがとう。
わたしをやさしく見守ってくれる
あなたを、おんなじきもちで
見守っていたい。
その1つ1つの言葉が、モーションが、気持ちが、嬉しい。
出会ってくれた全ての人に、
ありがとう。
愛。気持ち。感謝。、伝えたいよ。
出会いは大切。
フィーリング。ハート。
相手の気持ちを大切にしよう。自分の気持ちも大切にしよう。

私は言葉のチカラを信じている。
ときに折れそうになったこれまでも、これからも。
伝えることを続けたい。
聴くことをやめたくない。
忘れたくない。
伝えるということを。
こころをもってつなげれば、
伝わるんだということを。
広くて狭い世界の中で
この狭くて広いネットの1ページを、
わたしは、信じてる。
だからわたしはここにいて、
発信しつづけるんだ。

ぽわ~ん ぽわ~ん
ぽわわわわわわ~ん

受け入れてくれてありがとう。
大きな愛で包んでくれてありがとう。
どっかん愛してる。
今日も明日もあさっても、ずっとずっとあいしてる。

「自分らしさ」なんてむずかしく考えないで、
そのままで、わたしらしく、生きていけばいい。
間違えても、またスタート地点につけばいい。戻ればいい。
捨ててしまったなら拾えばいい。
見つかるまで探せばいい。
暗中模索も無駄じゃない。
すべてなくなっても、自分がいる限り、人生は終わらない。
むしろすべてなくなったほうが、純粋でまっさらできれいってこと、知ってた?
嬉しさも悲しみも無限の人生は、果てしなく
どこまでも続いているのならば、わたしは
「行けるとこ」まで、なんて決めずに、
どこまでも行きたい。生きてみたいのだ。
どこまでだって行ける。何者にでもなれる!

信じなくっちゃ、立ち上がらなくっちゃ、始まらない!
外に出たら、上を見上げてみてください。
そこには空がある。光がある。
だから私は、今日も、生きている。




コメント・メール・拍手・リンクは本当に嬉しいのです。お気軽にどうぞ、お待ちしています。

ブロとも申請フォーム

Renaとブロともになる☆

union

笑顔が大好き!

cafe menu
hearty cafe
waku-waku-heart
monthly archives